the strokes the new abnormal

02.Under Cover of Darkness 09.The Way It Is 01. 05. The Strokes(ザ・ストロークス)が7年ぶりとなる新作アルバム『The New Abnormal』をリリースした。, そして、新曲「At The Door」と「Bad Decisions」のMVが公開されている。, これまでのバンド像を打ち砕く「At The Door」と従来の延長線上にある「Bad Decisions」。, 正直、今作がどんなアルバムになるのか予想する以前に先行曲をどう分別していいのかわからない。, そこで改めてThe Strokesというバンドが一体何者で、今までどんなアルバムをリリースしてきたのかをおさらいする。, (※『The New Abnormal』レビュー記事後編追加 2020年4月19日追記), 2000年代に巻き起こったムーブメント“ガレージロック・リバイバル”における中心バンドのひとつThe Strokes(ザ・ストロークス)。, 今と同じくヒップ・ホップとR&Bが活躍する時代にThe White StripesやThe Libertinesともに死にかけであったロックを救った功績は計り知れない。, メンバーはジュリアン・カサブランカス(Vo.)、ニック・ヴァレンシ(Gt.)、アルバート・ハモンドJr. On Room on Fire, that moment was "The End Has No End"; on First Impressions of Earth, it was "Ize of the World." "Ode to the Mets" is all the more poignant because it sounds like Casablancas is telling off someone who's already long gone. [CDATA[ *rv:11\./),i=b.querySelectorAll("iframe.wp-embedded-content");for(c=0;c1e3)g=1e3;else if(~~g<200)g=200;f.height=g}if("link"===d.message)if(h=b.createElement("a"),i=b.createElement("a"),h.href=f.getAttribute("src"),i.href=d.value,i.host===h.host)if(b.activeElement===f)a.top.location.href=d.value}else;}},d)a.addEventListener("message",a.wp.receiveEmbedMessage,!1),b.addEventListener("DOMContentLoaded",c,!1),a.addEventListener("load",c,!1)}(window,document); 13.Evening Sun )の5人からなる。, 2002年には日本初来日公演を果たし、2003年と2011年にはサマソニに2006年にはフジロックへ出演。, The Strokes(ザ・ストロークス)の音楽を語るうえで欠かすことができない『Is This It』。, UKの名門レーベル“ラフトレード”と契約を交わしたバンドの記念すべきデビューアルバムだ。, 先述の“ガレージロック・リバイバル”のはじまりを告げるアルバムと位置付けられている。, ガツガツと攻撃的な印象が強かったガレージロックを再解釈し、親しみやすい旋律をあわせることにより耳触りの良さを加えた。, 「知ってたか? ガレージロックってこんなに楽しいんだぜ?」というメッセージを感じることができる。, 続いて2013年の5thアルバム『Comedown Machine』。The Strokes(ザ・ストロークス)のアルバム作品としてはこれが直近のものである。, まず耳をひくのは、a-haの「Take On Me」か?とつっこみを入れたくなる「One Way Trigger」。シンセ全開のニューウェーブサウンドだ。, そしてアンビエントとチルウェイブの狭間でゆらめく妖しい「80’s Comedown Machine」。, 全体的にエレクトロニックが幅を利かせた作品ではあるもののしっかりとロックンロールなギターリフも忘れていないのが何とも愛らしい。, The Strokes(ザ・ストロークス)のアルバムにおいて対極にある2作を取り上げたのには理由がある。まずは以下を読んでみて欲しい。, 前作からの流れを汲むと完全電子化、バンドサウンドからの脱却を図った「At The Door」は必然であったのかもしれない。, 何度聴いても新次元の広がりを魅せた楽曲だ。それでもサウンド、歌、歌詞。どこを切り取っても悲哀に満ちた曲から“終幕”の2文字がよぎってしまう。, そして「At The Door」について、次回作について考えるうえで困窮を極める要因となった「Bad Decisions」についてだ。, 復活を示すものなのか、それとも懐古に浸っているのか。曲名も和訳すると“悪い決断”だ。, 楽曲のモードからこの2曲はそれぞれ『Is This It』と『Comedown Machine』のような位置づけだ。, もしかすると彼らは新旧どちらの曲もひとつの作品に詰め込むことで、真価を示そうとしているのかもしれない。, 「どちらのThe Strokesが好きか?」を問い掛けられているように思えてしょうがない。, ひとつだけ言えることは、先行曲の選曲は間違っていなかった。何故なら、今から新作アルバムを聴きたくてしょうがなくなってしまっているからだ。, 先に公開した記事では、先行曲の「At The Door」と「Bad Decisions」を基に、The Strokes(ザ・ストロークス)の新作アルバム『The New Abnormal』がどのような作品になるのかを考察した。, その結果“新機軸”と“原点回帰”どちらも示唆した内容に戸惑い、バンドの行く末を案じた――。, しかし、先に結論から言えば、完成された新譜『The New Abnormal』を聴いてみると、嬉しいことにこの不安は杞憂に終わった。, The Strokesがこれまで鳴らしてきたガレージロックが正しかったことを再度証明した作品だったからだ。, そこで改めて、『The New Abnormal』がどのような作品なのか書き記させてもらう。その前にリリース前後に起きたトピックを。, 8月に開催を控える“フジロック2020”にて、The Strokesの来日が決定した。ヘッドライナーとして、14年ぶりのフジロック出演である。, 次にアルバム収録曲である「Brooklyn Bridge To Chorus」の先行公開。レトロなSFを想像させるシンセが小気味よい、80年代ニュー・ウェイヴナンバーだ。, そのサウンドや歌詞、YouTubeでのサムネ画像が車であること、そして「Brooklyn Bridge To Chorus」というタイトル。, 2019年に亡くなったThe Carsのリードヴォーカル、リック・オケイセックを意識したものであることは間違いなさそうだ。, 彼が亡くなったとされるのは、ニューヨークのマンハッタン東19番街にある自宅アパートで、ブルックリン区に橋がかかっている場所である。, 最後にメンバー5人によるビデオ・チャット“5guys talking about things they know nothing about”がYouTube公式チャンネルにて公開されたことも忘れてはならない。, 公開されているエピソード1と2では、プライベートな会話や先日亡くなったビル・ウィザースについて語られているほか、セルフアルバムレビューも行っている。, コロナで自宅待機を余儀なくされている状況で、ファンに向けて自分たちができることを行いながらも、メンバー同士が仲睦まじい姿も確認することができる。, The Strokes – 5guys talking about things they know nothing about – Episode 1, これらを踏まえて、The Strokes(ザ・ストロークス)の新譜『The New Abnormal』について。, 7年ぶりとなるアルバムは、端的に言うとThe Strokes(ザ・ストロークス)の代名詞であるガレージロックサウンドをとても心地よく聴くことができる。, 単体で聴くと対極にあるかのように聴こえた「At The Door」と「Bad Decisions」だってそうだ。, 「At The Door」で鳴らした感傷的なシンセ音も所々では、歪みの効いたギター音に似たような響きを奏でる。そのためThe Strokes固有の音楽性と乖離することなく、繋ぎ止めている。, ニックとアルバートのギターが絶妙な距離感で鳴らされるハーモニー。2本あるからこそ、互いの個性が活きてくる仕掛けだ。, それらだけでなくサイケやニューウェイヴ、ブルースのエッセンスを取り入れた他の楽曲でもやはり感じられるのは心地よさ。, 現代的なアプローチがなく、革新的な試みはなくとも、どこをとっても快適で諧調に満ちている。, 緊張感のある律動的なビートに乗りながら、各パートが互いを引き立たせるために音を紡いでいく。, そのようにThe Strokesも現代でガレージロックサウンドが違和感なく気持ちよく聴かれるため、自分たちの持っているものだけで、僅かにニュアンスを変えてお届けしたのが、今回の『The New Abnormal』だ。, もし今作を“新機軸”と“原点回帰”どちらなのか?と問われたのならば後者だと答えるだろう。ただし、ただの回帰ではない。再出発の作品でもある。, かつて『Is This It』にて“ガレージロック・リバイバル”のはじまりを告げように、『The New Abnormal』でもう1度リバイバルさせたのだ。(2020年4月18日更新), //

Kelly Troup, How Did The Aztecs Choose Who To Sacrifice, Ronda Stryker Husband, Sidney Crosby Weight, K1 Visa Interview, On My Own, The Lathe Of Heaven Summary, Alchemy Terms, British Army Ranks, John Bishop You Tube Coronavirus, Ecuador Srl Vs Peru,

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *